水溶性合成樹脂塗料「ACRYSIOM」

GSIクレオスから新しい模型用塗料が発売される

新水性カラー アクリジョン<水溶性合成樹脂塗料>
http://www.mr-hobby.com/itemlist/pg90.html

以下引用───────────────────────────────────────
新水性カラーアクリジョンは、これまでの模型用塗料とは異なる新しい水性塗料です。
安全と塗装環境の改善を目指した、新世代のホビー専用水性塗料です。

主な特徴は
・低溶剤化・・・水性ホビーカラーと比較して有機溶剤を80%カット。
・低臭化  ・・・無臭ではありませんが、今までのような溶剤臭がしません。
・乾燥速度アップ ・・・水性塗料ですが、乾燥速度を格段に向上しております。
・塗膜硬度アップ ・・・乾燥後の塗膜強度が向上しております。
・上塗り塗装可能 ・・・完全乾燥後は、Mr.カラーや水性ホビーカラーの塗装が可能です。
・非危険物化 ・・・これまでの模型用塗料と異なり、非危険物扱いとなります。

また、完全乾燥前は水溶性なので、筆やエアブラシなどのツール類を水で洗うことが可能です。乾燥後は専用ツールクリーナーを使用してください。
※アクリジョンで汚れた水は、そのまま流しに流さないでください。 Mr.カラー、水性ホビーカラー同様の処理をお願いします。

───────────────────────────────────────


この後に「メリット」と「デメリット」が同格で書かれていて誠意が感じられて好印象
グンゼ(現:GSIクレオス)って昔から真面目なメーカーですねェ


この「ACRYSIOM」はどうやら、有機溶剤カット・無臭という点に重点を置いた環境対応製品で、塗装しない、家族の迷惑を考えて塗装出来ないといったユーザーをターゲットにしているのかな??
これから、環境問題が重視されそうな社会、「ACRYSIOM」の開発を進める事は戦略的には必要かもしれない

とはいえ、高性能な水性塗料が海外メーカーから発売されている中、ある程度塗装する事に慣れているユーザーは乗り換えないだろう
としたら、売り上げが伸びないんじゃないかと(余計な)心配をしてしまう

そういう私もやむえず塗る際には「リキテックス・ガッシュ+タミヤ溶剤」がいつもの常で、新しい塗料に挑む元気は・・・来年もわいてこないかも


なにより気になったのは
「※アクリジョンで汚れた水は、そのまま流しに流さないでください。 Mr.カラー、水性ホビーカラー同様の処理をお願いします。」
すいません、いままで「絵の具」を洗う水をそのまま流してました
今はいけない事なんですね、時代についていけていない事を実感します





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック