2011年01月20日_1/72 橘花改

初飛行までこぎ着けた「橘花」は厳密には「橘花改」なんだってね
最初予定してたエンジンとは違うのだそうな

橘花改は30mm機関砲を搭載して局地戦闘機とする、構想もあったと言われる

現実にはエンジンの実用化の目処が全然立たないし、橘花改の機体強度はまともな機動が出来ないほど低いので、そのまま戦闘機にするには無理があるという話
巨大な30mm機関砲を2門搭載するとしたら重量のバランスから、やはり機体は再設計が必要なんだろうねェ
もしかしたら橘花改はジェット機の習作で、やはり中島飛行機が陸軍用に開発していた「キ201 火龍」の方が本命だったのかも??


画像



特攻機を作るのはやる気が起きないので、この「噂」に沿った仕上がりを目指そうと思う

スジボリを一通り埋めた
でも、彫るの下手なのでこの先へ進む気が起きない



震電と同じ30mm機関砲を搭載するとして、両機を比べてみると

画像



なんだ、4門だって入るのでは??
と見えるけど橘花改はコクピットの前に燃料タンクがある
これを無くした場合の航続距離は??

タンク容量を減らすか、形を変えるかして残すと仮定
給油口は上に在るまま
機関砲は震電の前後搭載位置の中間あたりに2門と仮定する
丁度、パネルラインがあるあたり

重量バランスが気になるけど・・・考えない考えない
専門的な事はスッカリ全然解らないしね

でも主翼は延長したいな~、その方がカッコイイと思うから
だんだんガンプラな感覚になってきた









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック